Make your own free website on Tripod.com

いま話題の「末広まきこ」
非公認ミラーサイト
の入口へようこそ。




ワイドショーで一躍有名人になった「末広まきこ」のHPを
無断で引き込んでしまいました。
さて、彼女がなぜ話題の人のなったのか記しておきます。

1994年生まれ(HPにそう書いてある)の愛知県選出の参議院議員。
愛知万博は自然破壊の一貫だと主張し、
万博反対派として無党派で出馬して見事当選。

しかし去年の大晦日に、いきなり愛知万博賛成派の自民党に鞍替え。
寝耳に水の地元後援会の「末広まきこを囲む会」が「末広まきこを辞めさせる会」になり、
議員辞職を要求。違う意味で囲まれてどうするんだろうか?

その件について1998年1月10日に記者会見をしたのだが、
彼女は完全に開き直り、

「当選したのは自分一人の力だった」
「後援会などは存在しない」
「自分が一番多い政党に行けば有権者の意見を反映させられる」
「自分の考えを理解してくれたのは自民党だけだ」
「愛知万博を自然共存のテーマに変更させたのは私の力」


と、支離滅裂の発言を繰り返した。

この間抜けな記者会見の反響があまりにも大きく、
末広まきこ自身は雲隠れ。
既に四面楚歌状態らしく、辞職するのは時間の問題だが、
任期一杯やることは間違いなし。でも再選は不可能であろう。

地元の自民党愛知県連でも、彼女を後援するかどうかでモメているらしい。
というか、彼女は後援したくないと意思表明しているようだ。
仲間である地元の自民党員からもハブされている彼女の心境はいかに。

雲隠れの理由は、いわれのない悪意に脅かされ精神的に参ってしまったと、
またも人のせいにする姿勢は素晴らしい限りだ。
色々と言われているのは自分に原因があるとは考えないという、
実にポジティブな性格のようだ。皆さんも彼女を見習いましょう。

現在http://www.makiko.com/にてホームページを公開中だが、
鞍替え前の政策の主張になっているところが見物だったのだが、
なんと、ちゃっかり部分的に更新してまたも開き直るつもりらしい。いい度胸だ。

遅かれ速かれ、上記のサイトは消されることが予測されるので、
見苦しい人間がいたということを保存するために非公認ミラーサイトを設置した。
とりあえず苦情が来ない限り設置しておくつもり。


それでは、興味のある方は下の「末広まきこ」をクリックだ!!


こちらが鞍替え前のワタクシよん


こちらが鞍替え後のワタクシよん




注意:
このページは基本的にパロディです。
悪意のもとに制作されていないことをご理解ください。